ADHDを持つ子どもの理解とサポート

著者の写真

による マリー・デュボワ

注意欠陥多動性障害 (ADHD) は、世界中の多くの子供たちに影響を与える神経発達障害 (NDD) です。学齢期の子どもの約 5% がこの障害に罹患していると推定されており、この障害は集中力の低下、衝動性、場合によっては多動性を特徴とします。この記事では、子供のADHD、その原因、影響、そして日常的にADHDをサポートする方法について、より深く理解できるようにします。

ADHDとは何ですか?

ADHD は、注意欠陥、多動性、衝動性として現れる神経発達障害です。これらの症状の強さは子供によって異なり、年齢とともに変化します。 ADHDには3つのタイプがあります。

  1. 不注意ADHD : 子供は課題に集中し、それを聞き、それをうまく完了することが困難です。彼は気が散りやすく、指示や約束をよく忘れます。
  2. 多動性・衝動性ADHD : 子供は頻繁に興奮し、よく動き、じっとしていることが困難です。彼は自分の行動の結果を考えずに行動し、他人の邪魔をする傾向があります。
  3. 複合型ADHD : 子供は注意力の低下と多動性および衝動性の症状の両方を示します。
子供とADHD

ADHDの原因

ADHD の正確な原因はまだ完全には理解されていませんが、いくつかの要因が関係しているようです。

  • 遺伝的要因 :ADHDは家族内で発症する傾向があります。研究により、特定の遺伝子がその発生に関与している可能性があることが示されています。したがって、ADHD の親を持つ子供は、この障害を発症する可能性が 3 ~ 7 倍高くなります。
  • 環境要因 : 妊娠中、低出生体重、出産時の合併症などの有毒物質(タバコ、アルコール、薬物)への曝露は、ADHD を発症するリスクを高める可能性があります。さらに、特定のストレス要因や教育的欠陥もこの障害の出現に関与する可能性があります。
  • 神経学的要因 : 脳の特定の領域の機能と構造の異常が ADHD の原因である可能性があります。注意や感情の調節に役割を果たすドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質も関与していると考えられます。
こちらもお読みください:  子どもたちと健全で調和のとれた関係を築く方法

ADHD が子供の人生に与える影響

ADHD は、学業面、社会面、感情面で子供の生活に重大な影響を与える可能性があります。

  • 学業上の困難 : ADHD の子供たちは、授業についていくこと、宿題に集中すること、仕事を整理することが難しいことがよくあります。特に読み書きにおいて学習困難に直面し、学業成績が自分の能力を下回っている可能性があります。
  • 難しい社会関係 : 衝動性や多動性により、他の子供たちとの関係が複雑になることがあります。 ADHD を持つ子供は、友達を作ること、ルールに従うこと、対立に対処することが難しい場合があります。
  • 壊れやすい自尊心 : ADHD の子供は、特に学校や社会的関係で遭遇する困難により、自信の欠如に悩むことがあります。また、不安やうつ病などの感情的な問題を抱えている場合もあります。

ADHDの診断 子供の中で

ADHD の診断は、医療専門家 (小児科医、心理学者、精神科医など) による子供の徹底的な評価に基づいて行われます。この評価では、子供が示す症状、その強度、期間、日常生活への影響が考慮されます。アンケートや検査は、診断を絞り込み、同様の症状を示す可能性のある他の障害 (学習障害、不安障害など) を除外するために使用できます。

子供とADHD

ADHDの子どもをサポートする

ADHD を持つ子供を最大限にサポートするには、子供たちのニーズに合わせた戦略を実行し、困難を克服するスキルを身につけるのを助けることが不可欠です。

  1. 環境を整える : 落ち着いて整理整頓されたワークスペースを作り、気を散らすものを制限し、明確なルーチンを確立します。子どもがエネルギーを充電できるように、休憩時間やリラクゼーション活動を提供することも重要です。
  2. コミュニケーションを適応させる : 明確かつ正確な指示を与え、視覚的なサポートを使用し、子供の理解を確認します。また、子供が自分の感情を表現し、困難について伝えるように促すことも重要です。
  3. 自主性を促す : 自分自身を整理し、タスクを計画し、時間を管理することを子供に教えます。カレンダー、To-Do リスト、タイマーなどのツールは、子どもの自立心を育むのに役立ちます。
  4. 成功を促進する : 褒めてご褒美を与えることで、子どもの前向きな行動と進歩を強化します。失敗や困難ではなく、自分の強みや成功に焦点を当てることが重要です。
  5. 身体活動やリラクゼーション活動を促進する : スポーツやリラクゼーション活動は、子供たちがエネルギーとストレスをより適切に管理するのに役立ちます。また、自尊心や社会的関係を改善するのにも役立ちます。
  6. 家族をサポートする : ADHD を持つ子供をサポートすることは、親だけでなく兄弟姉妹にとっても大変な場合があります。家族のさまざまなメンバー間で話し合いやサポートのための時間を設け、専門家(心理学者、団体など)に遠慮なく助けを求めることが重要です。
こちらもお読みください:  子育て: 子供同士の衝突を解決しますか?スター法

ADHDの治療法 子供の中で

ADHD の単一の治療法はありませんが、いくつかの治療アプローチを組み合わせて、子供が困難を克服できるようにすることができます。

  • 認知行動療法 (CBT) : このアプローチは、子供が注意力、時間管理、社会的関係を改善するための戦略を立てるのを助けることを目的としています。個人セッションまたはグループセッションで実施できます。
  • 遊び療法 : このアプローチは、子供が遊びを通して自分の感情を表現し、自分の困難に取り組むことを可能にし、特に幼い子供に適しています。
  • 学術的サポート : 補佐教師や学校アシスタントなど、学校での個人的なサポートは、子供が学業上の困難を克服し、クラスに溶け込むのに役立ちます。
  • : 場合によっては、ADHD の症状を軽減するために薬が処方されることがあります。メチルフェニデート (リタリン®) などの精神刺激薬が最も一般的に使用されます。それらは、注意と感情の調節に関与する神経伝達物質の利用可能性を高めることによって作用します。
子供とADHD - 子供を持つ母親

ADHDのさまざまなタイプとその主な特徴

ADHDの種類主な特徴
不注意ADHD– 集中力の低下
– 頻繁に気が散る
– 指示を忘れる
多動性・衝動性ADHD– モーターの撹拌
– 焦り
– 順番を待つのが難しい
複合型ADHD– 不注意の症状
– 多動性と衝動性の症状

要約すると、ADHD は適切な治療と個別のサポートを必要とする複雑な障害です。教育戦略を実行し、子どもの幸福を促進することで、子どもが困難を克服し、成長するのを助けることができます。子どもがスキルを伸ばし、学校や社会環境に調和して溶け込めるようにするには、家族や医療専門家からのサポートが不可欠です。

こちらもお読みください:  子どもの自主性に対する親の過保護のリスクを理解し、回避する

コメントを残す