チャイルド・キング: 共感と前向きな子育てを理解し、行き過ぎを避ける

著者の写真

による マリー・デュボワ

私たちは「子供の王」についてよく聞きます。これは、周囲の人々を支配し、その欲望が家族生活を支配しているように見える子供の姿を風刺的に描くこともあります。しかし、この用語の背後には微妙な現実があります。非難したり非難したりするのではなく、この現象を引き起こす力学を理解し、親が子供との関係のバランスをとるためのツールを提供することが必要です。

子供の王を定義する

子供の王様は通常、他の家族のニーズや希望よりも自分の欲求が優先される子供として定義されます。彼には境界線が欠けているように見え、欲求不満を受け入れることに消極的であり、彼の要求に対して両親は無力に見えるかもしれません。ただし、子供たちはそれぞれ個性があり、各家族には独自の力関係があることを理解することが不可欠です。

パスタ以外のものを食べることを拒否する 5 歳の女の子、エミリーの例を見てみましょう。彼女の両親は、彼女が十分に食べていないことを心配し、彼女の気まぐれに負けて、いつも彼女の好きな食事を用意します。彼女は人前で物事が自分の思い通りにいかない場面を作り、両親は当惑して彼女の望むものを彼女に提供します。 衝突を避ける。この態度は「」の態度のように見えるかもしれませんが、 子供の王様」、それは何よりも娘の食事のニーズに関する両親の不安を反映しています。

こちらもお読みください:  離婚が子供に与える心理的影響を理解する

子王の形成に寄与する要因

の出現 子供の王様 多くの場合、いくつかの要因によって引き起こされます。親の中には、自分自身が厳しい環境で育ったために、 より優しい教育 彼らの子供たちに。愛されないことを恐れたり、家を離れて過ごす時間を補うために、あまりにも多くの自由や物質的な贈り物を提供する人もいます。

9 歳の少年ヒューゴの物語は、この力関係を示しています。彼の両親はどちらも上級幹部であり、長時間働いており、彼と十分な時間を過ごせていないことに罪悪感を感じています。その埋め合わせとして、彼らは彼のあらゆる欲望に屈し、彼に高価なおもちゃを与え、夜遅くまでビデオゲームをすることを許可しました。その結果、ヒューゴは学校の規則を尊重することが難しく、クラスメートに対して権威主義的になることがあります。

子王

あなたの子供が子供の王になるのを防ぐ: バランスを見つける

目標は、子どもたちが自分のニーズを表明することを妨げたり、意見を持つ権利を否定したりすることではありません。それどころか、他者を尊重することを学びながら成長できるバランスのとれた枠組みを子どもたちに与えることなのです。

前向きな子育ては、このバランスを見つけるための貴重なツールを提供します。このアプローチは共感と敬意に基づいており、同時にポーズをとります。 明確で一貫した境界線.

共感的なコミュニケーション

共感的なコミュニケーションは、前向きな子育ての核心です。それは、子どものニーズを積極的に聞きながら、 親の期待。たとえば、エミリーが野菜を食べることを拒否した場合、両親は次のように言うことができます。 バランスの取れた食事。明日はパスタを食べる予定ですが、今夜はこれらの野菜を一緒に試してみましょう。 »

こちらもお読みください:  ひとり親であること: 愛と責任をうまく両立させる

このアプローチは、制限を設定しながら子供の感情を認めます。子どもは、自分の欲求が常に満たされるわけではないことを理解しながらも、話を聞いてもらえ、尊重されていると感じます。

一貫性と明確な境界

一部の子供が子供らしい行動をする理由の 1 つは次のとおりです。明確な境界線の欠如 またはそれらの矛盾。親は基本ルールに同意し、それを一貫して適用する必要があります。

ヒューゴの場合、彼の両親は次のことを確立できました。 明確なルール たとえば、ビデオ ゲームについては次のようになります。「ビデオ ゲームは 1 時間プレイできますが、宿題が終わってからに限ります。 » その後、たとえ彼が抗議したり交渉しようとしたりしても、このルールを一貫して適用する必要があります。

自主性と責任を奨励する

前向きな子育てで見落とすべきもう 1 つの側面は、次のことを奨励することです。 自主性と責任。適切な範囲内で子どもに自由を与えることは、行き過ぎずに自立心を育むのに役立ちます。

エミリーの場合に戻りましょう。エミリーの両親は、彼女に 2 つまたは 3 つの異なる野菜の中から選択させることができ、こうして彼女は次のことを行うことができます。 決定に参加する バランスの取れた食事という目的を尊重しながら。

子供の王様と食べ物

敬意を持った行動を模範とする

子どもたちは観察することで学びます。親が敬意、共感、そして フラストレーションの管理、子供たちはこれらの行動をする可能性が高くなります。

ヒューゴの場合、両親は自分たちの約束を尊重し、両親間の意見の相違に冷静に対処することで模範を示すことができました。また、罪悪感や過剰な補償をせずに、仕事と家庭生活のバランスをどのようにとっているかを彼と率直に話し合うこともできました。

こちらもお読みください:  ADHDを持つ子どもの理解とサポート

傾聴とコラボレーションを奨励する

子供の王は、他人の話を聞いたり、協力したりすることが苦手であることがよくあります。彼らに耳を傾けるよう促し、 チームワーク 自分のニーズだけが重要ではないことを理解させることができます。

実際の例としては、家族と一緒に夕食を作ったり、友達とボードゲームを企画したりするなど、協力的な活動にヒューゴを参加させることが挙げられます。これは彼の成長を助けることができます 社会的能力 そして他人の欲望も重要であることを理解すること。

子育ての課題とセルフコンパッションの重要性

今日の世界で子供を教育することは簡単な仕事ではありません。両親は常に板挟みになる 専門家からの相反するアドバイス、社会的圧力、そしてそれ自体の不確実性。したがって、セルフコンパッションを育むことが重要です。

通常、限られたリソースの中で、それぞれの親が最善を尽くしていることを理解することは、次の課題に対処するのに役立ちます。子供の王様 もっと穏やかに。責めたり罪悪感を感じたりするのではなく、困難を認識し、現実的な解決策を探すことが役立ちます。

要するに

自分の子供が子供の王様になるのを防ぐという意味ではありません 自分の欲望を抑圧する または 厳格な規律を採用する。むしろ、共感、コミュニケーション、明確な境界線の間のバランスを養うことが重要です。を採用することで、 ポジティブな子育て、親は子供たちが自分のニーズを表現するためのスペースを提供しながら、敬意と協力的な行動を身につけるのを助けることができます。

結局のところ、すべての子供にはその価値がある敬意と愛情を持って扱われるしかし、この敬意は双方向であることも学ばなければなりません。忍耐力、一貫性、そして理解があれば、次のことが可能になります。 子供たちを導く に向かって バランスの取れた行動、共感力があり、責任感があり、自立した大人になれるようにします。

コメントを残す