子どもの行動の重要性

著者の写真

による マリー・デュボワ

子どもの行動は、成長と発達の過程において非常に重要です。実際、それは彼らの周囲の世界に適応し、獲得する能力を条件づけます。 社会的能力 彼らにとって必要な 幸福 そしてその発展。したがって、子供たちがどのように行動するのか、そしてどのような要因が子供たちの行動に影響を与えるのかを理解することが不可欠です。

子どもの行動に影響を与える要因

以下のような多くの要因が子供の行動に影響を与える可能性があります。

  1. 気質、
  2. 自己制御、
  3. 恐怖、
  4. 疲れ、
  5. 不安。

これらの要因はそれぞれ、子どもの行動にプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があります。

気質

第一に、気質というのは、 生まれつきの性格 子どもたち、つまり状況に対する自発的な反応の仕方です。より困難な気質を持った子供ほど、 衝動的な, 過敏な そして 試薬 簡単な気質を持つ人よりも。より困難な気質を持つ子供は、攻撃的または反抗的な行動を示すことがあります。

お子さんが興奮しやすいときは、次のような穏やかな活動を提供してください。

  • 読む
  • 図形を組み合わせて球体を作るゲーム
  • メモカード

最初は難しいかもしれませんが、最終的には彼が興奮するアクティビティを見つけると、彼はそれをますます楽しむようになり、一日の一部は落ち着いていられるようになります。

つまり、子供たちが活動の種類を交互に変え、十分に運動するだけでなく、最初は数分間集中して、将来的にはもう少し集中することを学ぶことが重要です。

第二に、自己規制とは、個人の能力を指します。 自分の行動をコントロールする そして彼自身の気持ち。自己制御が上手な子どもは、自分の行動をコントロールしたり、感情をコントロールしたりすることが容易です。幼い頃から、子供は自分自身の経験を積んでいきます。経験したそれぞれの状況により、彼は自分の感じたことに応じて反応することを学び、適応しようとします。彼は目的を達成するためにさまざまな手段を使います。

私たちは皆、自分の子供のことを覚えています

  • 上に横たわって おむつ交換台、クレンジングミルクのボトルを掴もうと身をよじっています。
  • または、歩き方を知らないので、リビングルームの反対側にあるお気に入りのおもちゃに加わることにしたとき

これらの特定のケースでは、子供は時間をかけて観察し、目標を達成する方法を考え、解決策があると思うとすぐに試します。これを私たちは「実験」と呼んでいます。 試行錯誤”。時には成功することもあるし、時には失敗することもある。

その結果、経験を積んだ子どもたちは自己調整力が高まり、より早く自信を獲得できるようになります。彼らは環境に対する意識が高いため、不適切で攻撃的な行動を示す可能性が低くなります。

恐怖

第三に、恐怖とは、 基本的な感情 子どもたちの中で。不慣れな状況や脅威となる状況、人や動物などによって引き起こされる可能性があります。子どもたちは、怖いものや人に直面すると、泣いたり叫んだり、特定の活動への参加を拒否したりするなどの不安な行動を示すことがあります。

こちらもお読みください:  「ケアリング・ペアレンティング:幼児の発達」とも呼ばれるポジティブ・ペアレンティングのサポート。

まず第一に、子供が恐怖を感じているときは、何がその感情を引き起こすのかを理解する必要があります。過去の状況に対する理解が欠けていることが原因である場合もありますが、その場合は時間をかけて彼とそれについて話すことが重要です。状況が恐怖症にならないようにするために。

疲れ

4 番目: 疲労は子供の行動に重要な役割を果たす可能性があります。子どもが疲れていると、攻撃的または反抗的な行動をとりやすくなり、日々の要求に適応することが難しくなります。

幼児期から成人期まで、睡眠は気分、活動、仕事などの私たちの行動において重要な役割を果たします。人生の各時期において、私たちは睡眠の必要性に適応する必要があります。

親は子供たちが十分な栄養を摂取できるようにする必要があります。 寝る そしての 休む 疲労が行動に悪影響を与えるのを防ぐためです。

不安

5 番目:特定の状況では、特に次のような状況に直面した場合、子どもは不安を感じることがあります。 重大な変更 (新しい家、新しい家族など)。

たとえば、転校を伴う引っ越しの場合、子供はクラスメートを失うことや、新しい環境で新しい友達ができないのではないかと不安になるかもしれません。

したがって、あなたが到着したらすぐに近所の子供たちを招待することで、彼を安心させ、彼が同じ年齢の子供たちに会えるようにすることが不可欠です。

子どもたちは、脅威や弱さを感じると、次のような症状を示すことがあります。 行動 守備的な として 怒り、 そこには リーク または反対.

こちらもお読みください:  アタッチメント・ペアレンティング: 思いやりのある、これまでとは異なる子どもの育て方

ポジティブな行動を促すにはどうすればよいでしょうか?

まず第一に、子どもたちの前向きな行動を促すことは可能です。 ニーズ そして提供 学習の機会 彼らの年齢に適応しました。子どもたちの前向きな行動を促すためのヒントをいくつか紹介します。

  • 良い行動に報酬を与える: 認識することが重要であり、望ましい行動に報酬を与える。そうすることで、子供は自分の行動が望ましいものであり、評価されるものであることを理解するのに役立ちます。
  • 自己調整スキルを奨励します。 積極的な自己調整テクニックを使って子供たちを助ける 彼らの行動をコントロールする そして競合を適切に解決します。
  • ソーシャルスキルを教える: 周囲の人々と適切に交流するために必要な社会的スキルを子供たちに教え、 他人を尊重することを学ぶ.
  • 子どもたちに探検の機会を提供する : 子どもたちに自分たちの環境を探索する機会を与え、 新しいものを発見する。これは彼らの能力開発に役立ちます 自律性 そして実践的なスキルを身につけることができます。

最終的には、子どものポジティブな行動を奨励することで、子どもの社会的スキルの成長と発達を助けることができます。特定の要因が子供の行動に影響を与える可能性がありますが、親は行動を促進するための措置を講じることができます。 ポジティブな行動 そして 健康 彼らの子供たちの中で。

コメントを残す