アタッチメント・ペアレンティング: 思いやりのある、これまでとは異なる子どもの育て方

著者の写真

による マリー・デュボワ

というコンセプトを数年来、 アタッチメント子育て インクが大量に流れてしまいます。この方法は、 子育て これは、子供に安全と家族の一員との近さを提供し、それによって子供の発達を促進する安定した感情的環境を確保することで構成されています。

この記事の初めに、具体的には何なのかを説明します。 アタッチメント子育て、 彼の 原則 基本的なこと そしてそれがあなたの子供にどのような利益をもたらすのか。

愛着子育てとは何ですか?

まずは基本を見てみましょう。アタッチメント・ペアレンティングは、親と子の関係、特に親と子の間に育まれる感情的な絆の重要性を強調するアプローチです。それは、子供と両親または親のような存在との間の前向きな相互作用を強調し、それが子供に安心感と自信を育むのに役立ちます。

しかしまた、(絶対に必要な場合を除いて)大人の介入なしに、子供たちが自分たちで問題の解決策を見つける能力も強調します。言い換えれば、親は子供に探求させ、たとえ子供が何か新しいことに挑戦して困難を抱えていたとしても、敬意と愛が常にそこにあることを感じさせなければなりません。

アタッチメント・ペアレンティングの基礎

アタッチメント・ペアレンティングは、次の 3 つの主な原則に基づいています。

  • L'センシティブなインタラクション
  • 尊敬
  • そこには コラボレーション

これらの原則は、親が子供をどのように扱うかだけでなく、親がどのようにコミュニケーションし、協力するかにも関係します。

こちらもお読みください:  意識的な子育て: 子育てへの革命的なアプローチ

センシティブなやり取り

まず、親と子の間の強い絆の形成を促進するには、繊細なやりとりが不可欠です。親は子供に愛情と関心を示し、あらゆる要求やニーズに共感を持って対応する必要があります。時間をかけて遊んだり、映画を見たり、チャットしたりするなどの小さなことが、親子の絆に永続的な影響を与える可能性があります。

尊敬

第二に、親には明確で一貫した境界線を設ける責任がありますが、子供の感情や意見を尊重しなければなりません。親は、子供は自分の意志と意見を持つ人間であり、操作されたり制御されたりする対象ではないことを覚えておく必要があります。

コラボレーション

最後に、ということになると、 子育て、保護者が調整し、チームとして機能することが不可欠です。保護者は、同じ認識を持っていることを確認し、子供の行動やニーズに関する情報を共有し、子供の発達をサポートする最善の方法を決定する必要があります。

愛着を持った子育ては子どもにどのようなメリットをもたらしますか?

愛着を持った子育ては、子どもにとって非常に助けになります。考えられる利点のいくつかを以下に示します。

  • 安心感と幸福感 – 子供は両親から繊細で敬意を持ったやり取りを受けると、高いレベルの安心感と幸福感を感じ、神経系が適切に機能するようになります。
  • 健全で強い関係 – 前向きな相互作用は、親子の関係を強化し、維持します。そうすることで、子どもは親とコミュニケーションをとり、自分の感情を共有しやすくなります。
  • 自己効力感 – 子どもたちに問題の解決策を自分で見つけさせることで、子どもたちに有能で有能であると感じさせ、自分の能力に対する自信を高め、個人的な成長に貢献することができます。
こちらもお読みください:  ポジティブ教育の重要な原則

もちろん、アタッチメント・ペアレンティングの主な利点は、それぞれの子どもの固有のニーズを認識し尊重しながら、子どもを導きサポートするための自然で直感的な方法であることです。各家庭は異なり、子供には特定のニーズがあるため、原則の正確な実施は家庭によって異なる場合があることに注意してください。

結論として、愛着育児は、子供とその親または親的存在との間の前向きな相互作用と愛着を強調する革新的で興味深い子育て方法です。そこには アタッチメント子育て 安全、人間関係、個人の成長など、さまざまなレベルでお子様に利益をもたらします。

「La parentalité d’attachement : une manière différente et bienveillante d’élever un enfant」への4件のフィードバック

  1. 素晴らしい情報です。幸運なことに、最近あなたのウェブサイトを偶然(偶然)見つけました。
    後で使うために保存しておきました!

    返信
  2. 普段ブログの記事は読まないのですが、これだけは言っておきたいです。
    この記事を書いたことで、私はそれをやってみることを強いられました。あなたの文体には驚きました。
    ありがとう、とても素敵な記事。

    返信

コメントを残す