慈悲深い教育、罰に代わる積極的な選択肢

著者の写真

による マリー・デュボワ

教育は、子供たちに本質的な価値観と敬意を持った行動を教え込みたい親にとって永遠の課題です。採用する最善のアプローチ、厳しさと罰、または優しさと対話についての正当な質問に直面して、議論は未解決のままです。このような状況において、ポジティブ教育、つまり思いやりのある教育は、子どもとその個性の尊重を中心とした興味深い代替案として現れてきます。

ポジティブ教育: 子どもとその人格を尊重することを中心としたアプローチ

ポジティブで思いやりのあるアプローチを提唱し、思いやりのある教育 ますます多くの親を魅了しています。この教育理念は、体罰や屈辱的な罰ではなく、コミュニケーション、励まし、論理的な結果の確立という 3 つの基本的な柱に基づいています。ただし、このアプローチには、その有効性と関連性について疑問や懸念も生じます。

罰が子どもの発達に及ぼす悪影響

現在では、身体的であれ精神的であれ、罰には次のような効果があることが広く受け入れられています。 マイナスの影響 子どもの発達について。お尻をたたく、追い詰める、剥奪などの暴力は、子どもたちの自尊心を損ない、不安やストレスを生み出します。長期的には、発症するリスクがあります 問題行動 攻撃性、反対、嘘など。

こちらもお読みください:  クリエイティブなペアレンタルコントロール: お子様の自信とデジタル自主性を育みます。

さらに、罰は学習にも悪影響を及ぼします。覚醒させることで 否定的な感情 怒り、恐怖、不公平感などの感情は、子どもの集中力やうまくやろうという意欲を妨げます。逆に、 思いやりのある環境 と心強いプロモーション小児発達 そして学習に集中するのに役立ちます。

思いやりのある教育 - 父と息子

コミュニケーション、励まし、力を与える: 罰に代わる積極的な選択肢

子どもの暴発や危機に対処するために、思いやりのある親は好意を示します 非暴力コミュニケーション。明確でしっかりした枠組みを確立しながら、子どもの感情やニーズを理解しようと努めます。紛争が起こった場合、罰するのではなく、子供を対話を通じて解決策の探求に参加させます。

ポジティブ教育では、恣意的な罰ではなく、問題行動に直接関係する論理的な結果を利用することが推奨されています。したがって、自発的に汚した子供は、罰よりもはるかに教育的な修復プロセスである掃除に参加するよう招待されます。

さらに、思いやりのあるアプローチ たとえそれがどんなに小さなものであっても、努力と進歩を奨励し評価することを非常に重視しています。この前向きな姿勢は、子供の自尊心と自分の能力に対する自信を強化するのに大きく貢献します。

日常的に前向きな規律を確立する

思いやりのある教育を選択するということは、子どものやりたいことを何でもやらせるという意味ではありません。逆に、このアプローチでは次のことが必要です。安定した枠組みを確立する、明確で一貫性のある明示的なルールが伴います。親もそうすべきです 模範を示す そうすることで、彼らが伝えたい価値観が子どもの目に信頼できるものとなるのです。

こちらもお読みください:  子供の安全: 最適な保護へのガイド

ポジティブ教育の主要な課題の 1 つは、子供に自制心と自制心を教えることです。 自分の感情を管理する。これを行うには、自分自身が落ち着いて冷静なコミュニケーション方法を採用し、呼吸法、心のイメージ、ロールプレイングなどのツールを使用することが不可欠です。

さらに重要なのは、子供を巻き込む ルールとそこから生じる結果を確立する際に。このアプローチにより、接着性が促進され、 責任感、彼が自分に関係する決定に関与しているときに、問題をよりよく理解できるように支援しながら。

思いやりのある教育 - 母と息子

ポジティブエデュケーションに関する反対意見への対応

表面上は魅力的ですが、この慈善的なアプローチは多くの批判の対象となっています。罰がなければ、子供たちは従わなくなり、制御できなくなると信じている人もいます。しかしながら、この反論は次の点を無視している。 逆効果 長期にわたる罰と子供の発達をサポートする必要性。

積極的な教育を罪悪感のある怠惰だと考える人もいます。 容易に 両親のために。ただし、このアプローチには次のことが必要です。 継続的な取り組み :可用性、傾聴、自分の実践に対する絶え間ない質問。落とし穴が散りばめられた道には、子供のニーズに合わせた柔軟性と適応が必要です。

子供の知性を動員する、敬意を持った思いやりのある教育の利点は数多くあります。その中で、一つは、 より良い自信と自己認識、しっかりした感情的な荷物、学習の容易さ、そして長期的な学業のより良い成功。穏やかでありながら同時に確固たるこの教育アプローチの採用を支持する議論は数多くあります。

個人のニーズと神経科学の貢献を考慮した積極的な教育の充実

ポジティブ教育の効果を最大限に高めるには、次の点を考慮することが不可欠です。 それぞれの子どもの個別のニーズ、教育戦略を彼らの気質、興味、スキルに適応させることによって。教育アプローチをこのように個別化することで、子どものニーズに最大限に応えることが可能になり、 彼らの発展を促進する.

こちらもお読みください:  ポジティブ教育の重要な原則

神経科学の最近の進歩は、積極的な教育を充実させるための興味深い手段も提供しています。実際、子供の脳の発達に関する研究では、初期のやり取りの重要性 子どもとその環境の間の質、そして認知的および社会的感情的発達における遊びの重要な役割。この知識を教育アプローチに統合することで、子供の発達と最適化が可能になります。 家族の絆を強める.

要約すると、ポジティブ教育は、次のことを中心とした有望な教育アプローチを構成します。 子供への敬意 そして彼の人柄。この教育理念は、コミュニケーション、励まし、論理的な結果の確立を優先することにより、子どもの発達を促進し、発達をサポートすることを可能にします。ただし、このアプローチを充実させ、最適化するには、各子どもの個別のニーズを考慮し、神経科学の進歩に頼ることが不可欠です。

コメントを残す