「ケアリング・ペアレンティング:幼児の発達」とも呼ばれるポジティブ・ペアレンティングのサポート。

著者の写真

による マリー・デュボワ

子供の発達は、誕生から成人までに起こる継続的で複雑なプロセスです。これは、生物学的、心理的、社会的など、多数の要因の影響を受けるプロセスです。この記事では、幼児の発達とこの時期の知的進歩に焦点を当てます。

前向きな子育てのサポート: 精神運動発達

とりわけ、生後 6 か月間、赤ちゃんは腕の動きや足の振りなどの本能的で反復的な行動をとります。赤ちゃんは生まれたときから泣き、本能的に微笑みますが、その原因がわからないため、これを「天使に微笑む」とよく言います。

さらに、彼らは進歩の兆候も示し始めており、次のような新しい能力を徐々に開発します。

  • 能力 モータービジュアル : 彼は遠くにある物体を見ます。
  • 感覚能力 : 彼は物体をつかんだり、母親の髪が長い場合は髪を操作しようとします。

身体的には、赤ちゃんは頭を回すこと、ハイハイすること、座ること、歩くことを学びます。子どもたちはそれぞれ異なるリズムを持っており、同じ月齢で全員が同じように発達するわけではありませんが、6 か月から 2 歳にかけての発達は目覚ましいものになります。

こちらもお読みください:  お子様の発達

前向きな子育てのサポート: 言語

赤ちゃんは生後4か月から7か月の間にコミュニケーションのために音を出し始めます。 1 歳前後の赤ちゃんは、親や兄弟が理解できる、「お父さん、お母さん」という言葉をいくつか言うことがよくあります。彼を励ます必要があり、また、彼がうまく言えない場合には、その言葉を正確に繰り返す必要があります。繰り返すことによって彼は良いスピーチを身につけることができます。

多くの場合、子供が見知らぬ人に自分のことを理解できるようになるのは 2 歳頃です。たとえば、食事の前に「よだれかけを取りに行って」などの簡単な指示は、1 歳から理解できるようになります。赤ちゃんは成長を続け、新しいコミュニケーション方法を学習しています。たとえば、魔法、顔の表情、ジェスチャーは、会話をサポートするのに役立ちます。

前向きな子育て支援「散歩」

歩行は重要な運動能力の向上であり、通常は 12 ~ 24 か月の間に始まります。歩き始める前に、赤ちゃんは助けなしで座ったり立ったりすることを学ぶ必要があります。ほとんどの赤ちゃんは、短く不安定な動きをすることで歩き方を学びます。まず、彼は何かにしがみつこうとします。たとえば椅子の場合、転倒しないようにすることが重要です。

多くの場合、 子供用ベビーサークル 彼は少し取るつもりだと保険 怪我をする恐れがないからです。最初に立とうとしたときに子供がお尻から落ちて泣き始めることがよくありますが、あなたが笑っているのを見ると、子供はそれが深刻ではないことを理解し、楽しむ目的でそうすることさえあるかもしれません。彼は少しずつ公園を一周して、努力することで進歩し、たくさんの練習と忍耐を持って、すぐに自信を持って歩けるようになるでしょう。

前向きな子育てのサポート: 知的進歩

幼児の知的進歩は、問題を解決し、新しい概念を学ぶ能力を通して目に見えます。赤ちゃんは、本の中の物体を認識して名前を付け始め、上、下、前後などの基本的な概念を理解し始めます。したがって、彼らは解決を始めることができます パズル そしてゲームをする ゲーム 理解力とスキルをテストする簡単なもの。

こちらもお読みください:  親の教育: 親にとっての課題

ポジティブな子育ての助け: 親の刺激

とはいえ、 幼児の発達 は主に先天的な機能であるため、親は刺激的な活動を通じて子どもの成長に貢献できます。赤ちゃんに話しかけたり、遊んだりして、環境を探索し、交流するよう促します。さらに、親は次のような助けを借りて、赤ちゃんの言語的および知的発達を促進できます。

  • 児童書 : 子どもたちは、私たちが読むことができる物語を通して、画像の中の物体を識別し始めます。
  • 教育ゲーム : 幾何学模様を挿入するゲーム、パズル、Baby Memo のようなカード。

数多くのアクティビティにより、創造性と想像力を養うことができます。

幼児の発達はダイナミックで刺激的なプロセスです。親にとってだけでなく、子どもの周囲にいるすべての人にとっても、子どもの発達にはあなたの役割が不可欠です。子どもが自分の環境を知れば知るほど、学習への関心が高まります。彼の好奇心は掻き立てられるでしょう。彼はあなたを喜ばせ、彼が提供する活動に参加するために多くの努力をするでしょう。

子どもが刺激を受けると、新しい活動に成功したときは拍手を送り、目標に近づいて失敗したときは笑いながら励ますと、子どもは非常に早く上達します。すべての場合において、常に適用することが重要です。 思いやりのある子育て : 彼を励まし、決してからかったり、落ち込んだりしないでください。あなたの興味とエネルギーは伝染します。