子どもたちにとって有益な環境を育む方法: ポジティブな教育

著者の写真

による マリー・デュボワ

ポジティブ教育は、子どもたちの自信、意欲、社会的スキルを育むことを目的とした概念です。弱点や間違いではなく、強みや成果に焦点を当てます。この教育へのアプローチは、子どもたちの感情的および認知的発達、そして全体的な幸福に有益な効果をもたらします。

ポジティブ教育とは何ですか?

ポジティブ教育は、次のような資質を促進することに重点を置いています。 自信, 自律性, 責任 そして 他人の尊重。彼女は、子どもたちの成果を強調し、建設的なフィードバックを与えることで、子どもたちの可能性を伸ばすよう奨励しています。

ポジティブ教育では、間違いや罰に焦点を当てるのではなく、解決策と成長の機会に焦点を当てます。これにより、子供たちは自分の強みを発見し、自信を育むことができ、自信を持って人生の課題に立ち向かうことができます。

新しい活動に直面している子供の場合を考えてみましょう。子供がそれを完了したら、一緒に分析を行うことができます。多くの親はまず欠陥や失敗に気づきます。ポジティブ教育では、全体としては満足できなくても、活動をいくつかの段階に分けて成功点を浮き彫りにしていきます。子供が自分が達成したことを覚えているように。そうすれば、次の試みのために 1 つまたは 2 つの改善点を決定するだけで十分です。

こちらもお読みください:  赤ちゃんの睡眠とリラクゼーション:音楽のプラスの効果は何ですか?

ポジティブ教育を実践するにはどうすればよいでしょうか?

子どもたちに前向きな子育てを実践する方法はたくさんあります。始めるためのヒントをいくつか紹介します。

  • たとえ小さな子どもの成果や努力を称賛しましょう。
  • 何がうまくいっているのか、どこに成長の機会があるのかについて、建設的なフィードバックを与えましょう。
  • 子どもたちに自主的に意思決定をし、問題を解決するよう促します。
  • 子どもたちの年齢と成熟度に応じて責任を与えてください。
  • 家庭や学校で前向きで協力的な環境を作りましょう。
ポジティブな環境を育む方法
学校: 前向きな環境

子どもたちはむしろ家での活動に参加することを好むことに注意してください。特に、これらの作業を独立して実行できる年齢に達していない場合はなおさらです。掃除機の場合を考えてみましょう。幼い子供が掃除機をかけている場合、たとえ彼がいくつかの場所を忘れていることに気づいたとしても、あなたは彼を祝福する傾向があります。お子様は大人の仕事をやり遂げたと思うようになり、自信が生まれます。

積極的な教育の利点

子どもの子育てに前向きなアプローチをとることには多くの利点があります。最も重要な利点のいくつかを次に示します。

  • 子どもたちは、 より良い自信 そしてポジティブなセルフイメージ。
  • 彼らです よりやる気のある 新しいことを学び、探求すること。
  • 子どもたちはより多くのものになることを学びます 自律的 そして責任を持って決断を下します。
  • 彼らは成長します スキル 強い社会的および感情的な関係を構築するのに役立ちます 健全な関係.

サポートされ、励まされた子供は常により良く、より速く進歩します。彼は自分自身のベストを尽くそうとするだろう。この方法は、自分の成功の側面を見て、分析し、理解することを教えるため、お子様は自分の取り組みのそれぞれに満足するでしょう。

こちらもお読みください:  子どもの自主性に対する親の過保護のリスクを理解し、回避する