ヘリコプターペアレンツ:過保護か無条件の愛か?

著者の写真

による マリー・デュボワ

「ヘリコプターペアレント」という用語は、子供に対して過保護な親を指す言葉として 1960 年代に登場しました。このような親は、多くの場合、子供の生活に深く関与し、注意深く監視し、介入します。 彼らの問題を解決する。また、子供たちに非常に厳しい要求をし、子供たちに高い期待を与え、成功するように仕向けることもあります。

ヘリコプターペアレントの特徴

ヘリコプターペアレントは、次のような特徴を示すことがよくあります。

  • 彼らです 非常に関与している 子どもたちの生活に寄り添い、子どもたちを注意深く見守り、子どもたちが安全で幸せであることを確認します。
  • 彼らです 非常に保護的な 多くの場合、子供たちがリスクを冒したり失敗を経験したりするのを妨げます。
  • 彼らです 非常に要求の厳しい 子どもたちに高い期待を与え、成功するよう後押しします。
  • 彼らです まさに「コントロール」、一般的に子供たちのためにすべてを決定したいと考えています。
  • 彼らはそうする傾向があります 問題解決 彼らの代わりに子供たちを置き、彼らの間違いから学ぶ機会を与えませんでした。
ヘリコプターペアレント、児童教育

ヘリコプターペアレントの動機

ヘリコプターペアレントは、次のようなさまざまな要因によって動機付けられます。

愛と心配彼らは彼らを危害から守り、可能な限り最高の生活を与えたいと考えています
失敗への恐怖彼らは、自分たちが助けなければ、子どもたちが成功したり幸せになったりできないのではないかと心配しています。
コントロールへの欲求彼らは、子どもたちの人生を自分がコントロールしていると感じ、子どもたちが正しい選択をしていることを確認したいと考えています。
社会的な圧力他の親や社会一般からのプレッシャーによって、ヘリコプターペアレントになるようにプレッシャーを感じているかもしれません。

親の過保護の影響

親の過保護は、子供に次のような悪影響を与える可能性があります。

  • 自主性の欠如。ヘリコプターペアレントに育てられた子どもたちは、自分で身を守り、自分で決断を下すことが難しい場合があります。
  • 自信のなさ。彼らは自分の能力を信じておらず、リスクを取ることを恐れているかもしれません。
  • 社会適応の困難。友達を作ったり、社会的グループに溶け込むことが難しい場合があります。
  • 精神的健康上の問題。彼らは不安、うつ病、ストレスに苦しむ可能性が高くなります。
親とヘルパーと子供、親とヘリコプター、

ヘリコプターペアレントにならないようにするには

ヘリコプターペアレントであることを心配している場合は、次のような対処法があります。

  • 手放す。たとえ間違いを犯したとしても、子供たちに自分自身で決定を下し、自分自身の経験をさせてください。
  • 子どもたちを信頼してください。彼らのスキルを信じて、リスクを冒すよう奨励してください。
  • 自立を促す。子どもたちに自分で何かをし、自分の足で立つ機会を与えてください。
  • お子様とコミュニケーションをとる。あなたの期待や懸念について彼らに話し、彼ら自身の意見や感情をあなたに表現してもらいましょう。
  • 助けを求める。手放すのが難しい場合は、ためらわずに専門家の助けを求めてください。
こちらもお読みください:  家族関係: 慎重に考慮する必要がある複雑さ

要約すれば

親であるということは、 困難な挑戦、すべてに適合する唯一の解決策はありません。だからこそ、子供たちを守ることと、子供たちが成長して成長できるようにすることの間のバランスを見つけることが重要です。 自立した大人。であることを恐れているなら ヘリコプター親機、それを修正するために実行できる手順があります。最終的な目標は、子供たちが幸せで充実した大人になるよう手助けすることであることを忘れないでください。

コメントを残す