子どもとのコミュニケーションをどう変えるか?

著者の写真

による マリー・デュボワ

の芸術 私たちの子供たちとのコミュニケーション 確立することが不可欠です 強い関係 そしてその発展を促進します。そこには ポジティブな子育て 思いやりのある効果的なコミュニケーションアプローチを採用することを奨励し、 家族のきずな。この記事では、 実践的な戦略 お子様と今までとは異なるコミュニケーションをとり、充実した調和のとれた関係を築きましょう。

ポジティブなコミュニケーションの重要性

具体的なテクニックに入る前に、ポジティブなコミュニケーションがなぜそれほど重要なのかを理解しておくと役立ちます。そこには ポジティブなコミュニケーション お子様が話を聞いてもらえ、尊重され、理解されていると感じる環境を作ります。それはまた、 必須スキル のような自尊心 そして問題解決。

積極的に聞く

の一つ 基本的なスキル ポジティブなコミュニケーションとは、アクティブリスニング。子供の話を遮らずに、時間をかけて注意深く聞いてください。場所 未解決の質問 自分の考えや感情の表現を奨励すること。 「これについてどう思いますか?」と尋ねることができます。 » 「なぜそんなことをしたのですか?」の代わりに」。

お子様と異なる方法でコミュニケーションをとる

お子様との異なるコミュニケーション方法: ポジティブな言葉を使用する

私たちが使う言葉には、 かなりの影響 コミュニケーションについて。批判や批判を避け、優先順位を付ける ポジティブで励ましの言葉。 「物事を正しく行うことは決してできない」と言う代わりに、「改善できることはわかっています」と言いましょう。

こちらもお読みください:  ポジティブ教育の重要な原則

自分の感情を表現する

感情表現は、お子様との前向きなコミュニケーションに不可欠な要素です。多くの場合、親として私たちは子供を動揺させないように自分の否定的な感情を隠そうとします。したがって、子供たちは私たちの感情的な反応を観察し、そこから学んでいるということを理解する必要があります。自分の感情を建設的に表現する方法は次のとおりです。

  1. 健全な感情の模範となる : 感情を感じるのはまったく普通のことだということを子供に教えてください。怒ったり、悲しんだり、イライラしたりしたときは、それを隠そうとしないでください。代わりに、簡単な言葉を使って自分の気持ちを冷静に説明してください。 「私は今、少し動揺しているんです。なぜなら…」と言うと、子供は大人も感情を感じ、それを表現しても問題がないことを理解するのに役立ちます。
  2. 子どもを責めないようにしましょう : 自分の感情を表現するときは、自分の気持ちを子どものせいにしないように注意してください。だから、「そんな態度をとるとイライラするよ!」と言う代わりに。代わりにこう言いましょう。「このような状況が起こるとイライラします。 » 子どもを責めることを避けることで、あなたの感情は子どもではなく状況に関係していることを子どもに示すことができます。
  3. なぜそう感じるのか説明してください : 感情表現の重要な部分は、自分が感じていることをなぜ感じるのかを説明することです。これは、お子様が感情の原因と結果を理解するのに役立ちます。だからこそ、「今日は仕事で悪い知らせが入ったので悲しい」と言うかもしれません。 » これは、感情が特定の出来事に関連付けられていることが多いことをお子様に示します。
  4. 感情を管理する方法を示す : 自分の感情を表現するだけでなく、感情に建設的に対処する方法を彼に教えてください。怒っているときに落ち着くため、または悲しいときに自分を元気づけるために使用する戦略を説明してください。 「怒っているとき、私は落ち着くために数回深呼吸します。」と言うかもしれません。 » これにより、お子様は感情を管理するための重要なスキルを学ぶことができます。
こちらもお読みください:  子どもたちにとって有益な環境を育む方法: ポジティブな教育

このようにして、子供が自分の感情を認識し、理解し、管理することを学ぶ環境を作ります。これにより、家族内でのオープンで正直なコミュニケーションが促進され、あなたとお子様の絆が強化されます。また、感情は人生の正常な部分であり、健康的かつ建設的な方法で感情を経験することが可能であることを子供に示します。

上質なひととき

お子様に充実した時間を与えてください。外部の邪魔をせずにつながることができる特別な時間を設けましょう。公園の散歩でも、 ボードゲーム または単純な 会話、これらの瞬間はあなたの絆を強化します。

子どもとのさまざまなコミュニケーション

境界を明確に設定する

そこには ポジティブなコミュニケーション も含まれます 明確な境界線を設定する。なぜ特定のルールが設けられているのか、ルールを破るとどのような結果が生じるのかを子どもに説明してください。簡単な言葉を使用し、ルールに一貫性があることを確認してください。

自主性を促す

お子様に与えてください 独立の機会 そして自主性。これにより、その機能が強化されます 彼への信頼 そしてその摂取能力 責任ある決断。自分の意見を表明し、特定の問題を自分で解決するよう奨励します。

対立を積極的に管理する

対立は家族生活の一部であるため、前向きな方法で対立に対処することが不可欠です。対立ではなくコミュニケーションを通じて紛争解決を促進します。お子様の気持ちを聞いて、 解決策を探す 一緒に。

忍耐を示す

忍耐力は、ポジティブなコミュニケーションにおいて不可欠な美徳です。子どもたちは時々自分の考えを表現するのが苦手だったり、 彼らの感情を理解する。必要に応じて、辛抱強く何度も繰り返したり説明したりしてください。

こちらもお読みください:  知的自立: 子どもたちに自分で考えるよう教える

成功を祝う

お祝いを忘れずに 小さな成功と大きな成功 あなたのお子様の。自分の努力と成果を認めることで、モチベーションと自信が強化されます。 「あなたをとても誇りに思います!」などの励ましを使いましょう。 » を強化する 自尊心.

要するに

というアプローチを採用することで、 ポジティブなコミュニケーション、作成できます 強くて永続的な関係 お子様と一緒に。積極的に聞く、使う ポジティブな言葉、感情を建設的に表現し、自主性を促します。ポジティブなコミュニケーションが促進します 健全な家庭環境 あなたの子供が愛され、サポートされ、理解されていると感じることができる場所です。これらのテクニックを実践すると、強固な基礎を確立するのに役立ちます。 幸福 お子様の成長をサポートしながら、あなたを結びつける絆を強化します。今日から始めましょう 異なるコミュニケーションをとる お子様と一緒に観察してください プラスのメリット それがあなたの家族に何をもたらすのか。

コメントを残す