お子様の発達

著者の写真

による マリー・デュボワ

子供の発達は、子供の身体的、認知的、社会的、感情的な成長を伴う複雑なプロセスです。これは、受胎時に始まり成人になるまで続く生涯にわたるプロセスです。

子供の発達に影響を与える要因

遺伝、環境、文化など、多くの要因が子どもの発達に影響を与えます。

環境

子どもが育つ環境も発達に影響します。協力的で養育的な環境で育った子どもは、無視または虐待的な環境で育った子どもよりも発達が良好である傾向があります。

遺伝的

遺伝は子供の身体能力と認知能力を決定する役割を果たします。

文化

文化も子供の発達に同じくらいの役割を果たします。異なる文化で育った子供たちは、他の文化で育った子供たちとは異なる期待や価値観を持っている可能性があります。

お子様の発達

子どもの発達に関するさまざまな理論

子どもの発達についてはさまざまな理論があります。最もよく知られている理論の中で、特に際立っているのが 3 つの理論です。

ピアジェの理論

スイスの心理学者が提唱した理論 ジャン・ピアジェ、誕生から思春期まで、子供たちが経験する認知発達のさまざまな段階について説明します。ピアジェは、子供たちは認知発達の 4 つの異なる段階を経るが、それぞれの段階は考え方や周囲の世界の理解方法の変化によって特徴づけられると主張しています。

社会学習理論

アメリカの心理学者が提唱した理論です。 アルバート・バンデューラ、観察と模倣を通して学ぶことの重要性を強調しています。バンドゥーラ氏は、子どもたちは他人の行動を観察し、模範となる人たちを真似ることによって学ぶと述べています。

こちらもお読みください:  親の教育: 親にとっての課題

愛着理論

イギリスの心理学者が提唱した理論です。 ジョン・ボウルビーは、子供とその親または養育者との間の感情的な愛着の重要性に焦点を当てています。ボウルビィ氏は、親や養育者と安定した愛着を持っている子どもたちは、前向きな自尊心を育み、感情をコントロールする能力が高まり、健全な社会関係を築く能力が高まると主張する。

生態系理論

アメリカの心理学者が提唱した理論です。 ユーリー・ブロンフェンブレナー、子どもが発達する社会的および物理的環境の重要性を強調しています。ブロンフェンブレナーは、子どもの発達は、家族、コミュニティ、文化、社会全体など、さまざまなレベルの要因によって影響を受けると述べています。

道徳的発達理論

スイスの心理学者が提唱した理論 ローレンス・コールバーグは、幼児期から青年期まで、子供たちが経験する道徳的発達のさまざまな段階を説明しています。コールバーグは、子供たちは道徳的発達の 6 つの異なる段階を通過し、それぞれの段階で、善悪、正義、公平の概念の理解方法が変化することを特徴としていると主張しています。

要約すると、これらのさまざまな理論は、子どもの発達に関する独自の視点を提供し、発達心理学の理解に大きな影響を与えてきました。

お子様の発達

子どもの発達を理解し、より適切にサポートする

子供の発達は魅力的で複雑なプロセスです。子どもの発達についてはまだわかっていないことがたくさんありますが、私たちは常にもっと学んでいます。子どもの発達を理解することで、すべての子どもの健全な成長と発達をより適切にサポートすることができます。

子供の発達の主要な段階

子供の感情の発達にはさまざまな段階があります。これらの段階は出生前期に始まり、成人期まで続きます。人それぞれ成熟のペースが異なるため、一般に、一部の人は他の人よりも発達に時間がかかります。ただし、成長するにつれてすべての子供が通過する共通の一般的な段階があります。

こちらもお読みください:  子どもたちにとって有益な環境を育む方法: ポジティブな教育

出生前の期間

胎内期とは、赤ちゃんが生まれる前の9か月を指します。妊娠中の母親の感情が胎児の全体的な幸福に影響を与える可能性があるのは事実です。たとえば、妊娠中の母親のストレスは、早産や低出生体重児のリスク増加と関連している可能性があり、結果として出生後の子供の健康や発育に影響を与える可能性があります。

幼児期(0~2歳)

この時期、赤ちゃんは多くの場合、自分のニーズや感情を非言語的に伝えることができます。彼らは、泣いたり、笑ったり、笑ったり、叫んだりすることで、喜び、悲しみ、怒り、恐怖を表現できます。

赤ちゃんは同時に、独自の性格と社会的交流のスタイルを発達させ始めます。彼らは歩き、話し、環境と対話することを学びます。彼らはまた、自主性の感覚と、自分の世話をしてくれる人々への愛着を育みます。

幼児期(3~5歳)

幼児期の間、子供たちは身体的、認知的、社会的スキルを発達させ続けます。彼らは他の人と遊び、分かち合い、協力することを学びます。彼らはまた、想像力と創造性を発達させます。

成長するにつれて、自分自身や他人の感情についてより洗練された理解を深めます。彼らは、喜び、悲しみ、怒り、恐怖などの基本的な感情を理解し、言葉を使ってそれらを表現できるようになります。この年齢層の子供たちは、他の子供たちとより交流し始め、対立を共有して解決することを学びます。


中学年期(6~11歳)

幼児期中期、子供たちは独立心と自主性を獲得します。彼らはルールを守り、グループ活動に参加することを学びます。学力も向上します。

この時期、子供たちは自分の感情や他人の感情をより微妙に理解するようになります。彼らは次のようなより複雑な感情を理解し始めます。

  • 欲求不満、
  • 嫉妬、
  • 恥。
こちらもお読みください:  子育て: 子供同士の衝突を解決しますか?スター法

この年齢層の子どもたちは、自分の社会的アイデンティティにも気づき始め、それが子どもたちの社会的アイデンティティに影響を与える可能性があります。 自尊心 そして彼らの 社会的行動.


思春期(12~18歳)

この期間中、青少年は身体的、感情的、社会的な多くの変化に直面します。彼らは自分自身のアイデンティティを確立し始めますが、それは仲間、家族、文化の影響を受ける可能性があります。

青少年は激しく変化する感情を経験することがあり、感情を効果的に管理することが難しい場合があります。さらに、社会的関係や恋愛関係でも困難に直面する可能性があり、これらの状況を健全かつ適切な方法で乗り切る方法を学ばなければなりません。彼らはまた、自分たちの将来についても決定を下します。

お子様の発達

子どもの発達をどのようにサポートするか

子どもの発達をサポートするためのヒントをいくつか紹介します。

安全でサポート的な環境を提供します。

子どもたちが適切に発達するためには、安心感と愛情を感じる必要があります。お子様が遊んだり探索したりできる安全な場所があり、愛情深く協力的な大人がアクセスできるようにしてください。


遊びと探検を奨励します。

遊びは子どもの成長に欠かせません。子どもたちが自分の周りの世界を発見し、身体的、認知的、社会的スキルを発達させるのに役立ちます。屋内でも屋外でも、お子様にたくさん遊ぶ機会を与えてください。


お子様に読み聞かせてください。

お子様に本を読んであげると、言語や読み書きのスキルを伸ばすことができます。また、それは彼があなたとの絆を深め、彼の周りの世界について学ぶのにも役立ちます。たとえ数分間であっても、必ず毎日子供に本を読み聞かせてください。


お子様と話し合ってください。

お子様と話すことは、お子様の言語能力やコミュニケーションの可能性を伸ばすのに役立ちます。また、お子様のこと、彼の考え、感情をより深く知ることができるからです。毎日、あらゆることについて子供と話すようにしてください。


制限と境界を設定します。

子どもたちは安全を感じるために制限や境界線を必要とします。また、ルールに従うことも学ぶ必要があります。お子様に対して明確で一貫した制限を設定し、それを強制する準備をしてください。


我慢して。

子どもの発達はゆっくりとした段階的なプロセスです。途中でアップダウンがあります。お子さんとあなた自身に対して辛抱強く接し、その過程全体を通して彼らの成功を祝いましょう。

結論としては


子どもの発達は複雑で興味深いプロセスであり、私たちは最大限の注意を払う価値があります。開発の各段階は重要であり、前の段階に基づいて構築されます。子どもの発達の主要な段階を理解することで、親や保護者は子どもが成長し、成長し、潜在能力を最大限に発揮するために必要なサポートを提供できます。

コメントを残す